FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

TOP > スポンサー広告 > title - 援交 マルキージオ、当面は代表残留TOP > 未分類 > title - 援交 マルキージオ、当面は代表残留
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 援交 マルキージオ、当面は代表残留
ひざを負傷しているユヴェントスMFクラウディオ・マルキージオは、もう数日イタリア代表チームにとどまるようだ。今後の検査の結果しだいで、そのままワールドカップ予選へ臨むチームにとどまるのか、あるいは所属のユヴェントスへ戻るかが決定されるという。

7日朝の練習後、イタリア代表のチームドクターであるエンリコ・カステッラッチ医師は、マルキージオの状態について次のように話している。

「選手は左ひざの外側半月板を痛めている。イタリア代表のメディカル・スタッフとしては、彼をコヴェルチャーノ(合宿地)にあと2、3日、引き止めたい。それから、今後の試合に向けて回復できるのか、それともトリノへ戻り、ユヴェントスのドクターたちがコンディションをチェックするようにすべきなのかを判断していく」

リーガに加え、CLそして国王杯も始まるバルサ。どのポジションにも2人の選手が入れるようにプレシーズンでは補強を進めて来たが、唯一心配なのが右サイドバックだ。ダニ・アウベスが不動の右サイドバックとして昨シーズンも活躍したが、W杯も控えている来シーズンに向けて体力の消耗は大きいはず。

 そこでバルサが冬の移籍市場で右サイドバックの補強に出る可能性が出て来た。まず候補に挙がったのがアーセナルで活躍するエブエだ。2006年にはバルサと対戦したCL決勝にも出場している経験豊富なディフェンスだ。バルサは約800万ユーロ(約10億4000万円)を支払いエブエ獲得に興味を持っているようだ。

 さすがのダニ・アウベスも昨シーズンから続くハードなスケジュールを一人でこなすのは厳しい。しかも、右サイドバックという上がり下がりが多いポジション。エブエが加入すればグアルディオラ監督もローテーションしながらコンディションが良い方を起用できる。冬の移籍市場でまた一人大物がバルサにやってくるかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



カテゴリ【未分類】 | top↑

+ Comment List +


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。